高濃度PCBと低濃度(微量を含む)PCBについて

高濃度PCBと低濃度PCB

PCB含有機器には、意図的にPCBが使用された機器と、非意図的にPCBに汚染されてしまった機器があります。

分類高濃度PCB廃棄物低濃度PCB廃棄物
判明
時期
昭和43年に発生したカネミ油症事件を機に毒性が判明 業界の調査により平成14年に汚染の事実が判明
PCB
濃度
5,000mg/kg超 0.5超~5,000mg/kg
(低濃度のうち微量は数10mg/kg程度)
判別
方法
機器の型式や記号により判別 製造メーカーに確認し、機器についてPCBの汚染が否定できない場合は、油の分析により判別
処理
方法
化学的に分解 焼却処理等
処理
施設
JESCO 国の認定処理施設

  • 高濃度PCB

意図的にPCBが使用された機器のPCB濃度は、5,000mg/kg超(トランスでは60%、コンデンサでは100%)で非常に高濃度となっています。PCBは昭和47年に生産が中止されていることから、昭和48年以降に生産された機器には、高濃度にPCBが含まれることはありません。

  • 低濃度(微量を含む)PCB

平成14年にPCBを使用していないとされてきた電気機器等(トランス・コンデンサ・OFケーブルなど)にも、微量のPCBに汚染されている可能性があることが、国や業界団体等の調査により明らかになりました。このように非意図的にPCBで汚染されてしまった機器のPCB濃度は、数ppmから数十ppm程度(1ppmは0.0001%)と非常に低濃度となっています。誤って機器がPCBに汚染されてしまったことが原因のため、昭和47年までのPCBを使用していないはずの機器はもちろん、これ以降の機器にも低濃度のPCBが含まれていることがあります。

そのため、電気機器等の使用を終えた際には、当該機器の製造メーカー又は (一社)日本電機工業会 にPCB汚染の可能性の有無について確認していただく必要があります。

判断方法についてはこちらを参考にご確認ください。

通常の産業廃棄物として処理することができます。なお、処理業者に委託する場合は、処理業者に対し、PCB廃棄物に該当していないことの情報を書面で提供してください。

  • 分析のために採取した試料を運搬する行為

分析のために採取した試料を運搬する行為は、廃棄物処理法及びPCB特別措置法の適用を受けません。また、試料の量は、必要最小限とし、分析後に余った試料等がある場合は、保管事業者がPCB廃棄物として保管することとなります。


お問い合せ先
東京都環境局 資源循環推進部 産業廃棄物対策課
〒163-8001新宿区西新宿2-8-1第二本庁舎22階
電話 03-5388-3573

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境公社

社団法人 東京産業廃棄物協会

環境省

財団法人 日本産業廃棄物処理振興センター