このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

中間処理

ページ番号:887-466-778

更新日:2018年2月9日

ごみは埋立て前に、中間処理施設で焼却・破砕します。焼却・破砕(中間処理)することで埋め立てるごみの量を少なくし、最終処分場(埋立処分場)の使用可能年数を伸ばしています。

これらの施設は、23区が中間処理を共同で行うために設立した「東京二十三区清掃一部事務組合」が運営しています。

清掃工場

「可燃ごみ」は、清掃工場で安全に焼却します。焼却後の灰のうち一部はセメントの原料等に利用しますが、大部分は埋立処分場で埋め立てます。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。清掃工場の拡大写真(PDF:263KB)

不燃ごみ処理センター

「不燃ごみ」は、不燃ごみ処理センターで破砕し、その中から鉄・アルミを資源として選別・回収した後、埋立処分場で埋め立てます。

不燃ごみ処理センター


ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。不燃ごみ処理センターの拡大写真(PDF:36KB)

粗大ごみ破砕処理施設

「粗大ごみ」は、粗大ごみ破砕処理施設で破砕し、その中から鉄を選別・回収しています。その後、破砕した粗大ごみのうち不燃ごみはそのまま、可燃ごみは清掃工場で焼却してから埋め立てます。

粗大ごみ破砕処理委悦

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。粗大ごみ破砕処理施設の拡大写真(PDF:41KB)

資源の貯留ヤード

回収した鉄等の資源は、貯留ヤードで売却までの間一時保管します。


ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。資源の貯留ヤードの拡大写真(PDF:508KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は資源循環推進部 廃棄物埋立管理事務所です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。