トップページ > 廃棄物と資源循環 > リサイクル > スーパーエコタウン事業 > スーパーエコタウン事業の概要

スーパーエコタウン事業の概要

(1) 事業の概要
 廃棄物問題の解決と新たな環境産業の立地を促進し、循環型社会への変革を推進することを目的に、国の都市再生プロジェクトの一環として、東京臨海部の都有地において、民間事業者等が主体となり廃棄物処理・リサイクル施設の整備を進めるものです。

(2) 基本的スキーム
都は、施設の立地に必要な都有地を確保し、整備する施設及び事業者の決定を行うとともに、計画全体の推進及び調整に当たります。
公募により選定された事業者は、都有地を取得し、施設の整備・運営を自ら行います。
事業者の責任で、資金調達を行い、事業採算性を確保
施設の整備、運営に必要な都市計画決定や施設許可取得などの法定手続も自ら実施

(3) 受入条件・公募条件の設定
 安心・安全で信頼性の高い施設の整備・運営を実現するため、安全性の確保や環境への配慮、情報公開や施設公開の実施などを定めた受入条件や公募条件を設定しています。

(4) 事業の進行
 各施設の事業主体が作成し都が承認する事業実施計画に基づき、施設の整備、運営に必要な都市計画決定手続や廃棄物処理法に基づく施設設置許可などの法定手続を施設 ごとに進め順次、着工、稼働します。
第一次公募(平成14年4月:公募開始、平成14年7月:事業者選定)
 8事業者が稼動
第二次公募(平成18年5月:公募開始、平成18年7月:事業者選定)
3事業者が稼働
第三次公募(平成25年9月:公募開始、平成25年12月:事業者選定)
2事業者が稼働
(3) 平成27年度稼働実績(9社合計)
搬入量:122,561,897トン
発電量:92,599,018KWh
売電量:43,677,655KWh
見学者数:8,903人

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境公社

社団法人 東京産業廃棄物協会

環境省

財団法人 日本産業廃棄物処理振興センター