このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

スーパーエコタウン事業成果等調査結果

ページ番号:149-063-497

更新日:2018年2月9日

スーパーエコタウン事業の全体の総括として、先進的で信頼性の高い
廃棄物処理・リサイクル施設の実態を明らかにするため、平成16年度から
平成22年度までの事業成果、事業評価を行うとともに、事業実施に伴う
環境影響調査等を実施しました。

1.スーパーエコタウン事業の効果

スーパーエコタウンの事業効果

① 都内の産廃中間処理の約10%を担う処理実績(平成20年度)平成20年度の東京都全体の廃棄物の中間処理量※は860万tであり、このうち都内処理されたのは、319万tでした。スーパーエコタウンの都内発生分の処理量は29万tであり、産業廃棄物の都内処理の約10%の処理量を担っています。
※ ただし、上下水道事業汚泥を除く

② スーパーエコタウン内の相互連携による効率的で高度なリサイクルの実現
スーパーエコタウン事業全体では下図のように、効率的で高度な
リサイクルを実現しています。

スーパーエコタウンの相互連携

③ 首都圏※の最終処分量に対して9~14%を削減
首都圏の最終処分量に対する削減量は、平成20年度、40万tであり、
平成22年度では61万tに達しました。
これは、平成20年度の首都圏最終処分量436万tに対して、9~14%の
量に相当し、産業廃棄物の最終処分量の削減に貢献しています。
※ 首都圏とは、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、
神奈川県、山梨県をいう。436万tは首都圏最終処分場の最終処分量をさす。

2.スーパーエコタウン事業実施に伴う環境影響調査
安全で信頼性の高いリサイクル事業を行うため、環境調査を実施しています。

(1)城南島地区の環境調査結果
いずれの調査項目についても、法令に基づく基準値及び事業者毎に
設定した自主管理値を満足しました。
① 環境調査項目及び調査方法の概要

城南島地区の環境調査項目及び調査方法の概要


② 環境調査結果の概要

城南島地区の環境調査結果の概要


(2) 中央防波堤内側埋立地区の環境調査結果
環境影響評価の事後調査として大気汚染に関する調査が実施
されています。PCB、ダイオキシン類、塩化水素、水銀、窒素酸化物、
浮遊粒子状物質(SPM)等について調査を行い、すべての項目において
基準値を満足しています。

★ さらに詳しい事業成果や事業実施に伴う環境影響調査等については、
「東京スーパーエコタウン 事業成果の概要」をご覧ください。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。東京スーパーエコタウン 事業成果の概要(PDF:681KB)

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。Tokyo Super Eco Town Overview Of Project Benefits(PDF:615KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は資源循環推進部 計画課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。