よくある質問

Q1 ステッカーを貼ることは義務ですか。

A1

 東京都は、条例を改正し、都内の小売店や工場などの荷主を含む全ての事業者が、環境負荷の大きな車を使用しないように努める義務を規定しました。

 適合車ステッカーは、この努力義務規定を遵守する荷主等の事業者の方々が、事業活動で利用する自動車の環境性能を容易に識別できるようにするために、新たに都が用意したツールです が、ステッカーの貼付を義務付けることまではしておりません(大阪府さんの「適合車等標章」とは違います。)。

 ただし、都では、今後、事業において自動車を利用するときは、環境負荷の大きな車を利用しないようにすることを、進めていきます。(⇒報道発表記事へ

 また、同様の取組を都内の事業者が広く取り組むよう働きかけていきます。

 ステッカーを貼ってある車は、大気環境への影響が少ない車です。

 都民の皆さんは1つの目安として、事業者の皆さんはアピールのために、このステッカーを是非活用してください。

 

Q2 適否の判断、あるいは「優・適合車」か「適合車」かどうかを確認したい。

A2

 ご自分で、いつでも確認できるように「車検証の見方」に関するサイトを設けましたので、こちらを参照願います。 ⇒ 車検証の見方のページ

 

Q3 ステッカーの申請受付はいつまでですか。

A3

 平成24年3月30日(金)申請受付分をもって、交付業務を終了しました。

 平成24年4月以降受け取った申請については、交付できませんので御了承ください。

 

Q4 これまでに貼ったステッカーはどうすればいいですか。

A4

 貼付ステッカーの効果は有効です。

 自動車に貼付されたステッカーについて、条例適合車であり、環境行政への協力など環境対策に積極的な企業であることを示す証としての効果は変わりませんので、引き続き御利用ください。

 

Q5 なぜ、交付業務を終了するのですか。

A5

 ステッカー制度を開始して約3年、皆様の御協力により東京都適合車ステッカーの貼付が進み、都民・事業者の皆様が環境負荷の大きな自動車を利用しないための環境が整いました。

 加えて、制度の制定当時と異なり、国の排ガス規制が全面施行され、どの新車も「優(☆☆)」適合車相当の自動車となったばかりか、九都県市が環境への負荷が少ない自動車として共同で指定する低公害車も1,500型式を超えました。

 これらを背景に、現在の適合車ステッカーの交付を終了とさせて頂きます。

 

Q6 再交付も終了ですか。

A6

 再交付分も含め、全ての交付業務を終了しました。

 

Q7 貼付車の情報変更及び情報抹消手続きは今後も必要ですか。

A7

 引き続き、ステッカーの効力は継続することから、変更及び抹消の手続は受け付けます。

 ステッカー返却を伴わない手続については、郵送だけでなくFAXでも受け付けております。

【FAX】03-5388-1378

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所

東京都長期ビジョン

九都県市あおぞらネットワーク