キッズTDM

 ☆TDMって何だろう?

バス自動車トラックトラック自動車タクシー


 TDMというのは、"Transportation Demand Management"という英語の頭文字(かしらもじ)を取ったもので、日本語に訳すと「交通需要管理(こうつうじゅようかんり)」というのですが、一体、どのようなものなのでしょうか。

 私たちのまわりでは、毎日、たくさんの自動車が道路を走っています。自家用車(じかようしゃ)といっておうちの自動車も道路を走るし、会社の自動車も走るし、いろいろなトラックやバス、それからタクシーもみんな道路を走っています。だから、自動車は、私たちの生活に欠かせないものになっています。

 でも、道路にあまりたくさんの自動車が走ってしまうと、渋滞(じゅうたい)して動きが遅(おそ)くなってしまいます。そうすると、せっかく自動車に乗っても、時間がかかってしまうので、自動車に乗る意味(いみ)がなくなってしまいます。

 また、自動車が走る時には、たとえば窒素酸化物(ちっそさんかぶつ)や硫黄酸化物(いおうさんかぶつ)という体に良くないガスも出るから、それをたくさん吸(す)うと、息苦しくなったり、ひどい場合には病気になったりもしてしまいます。

 それから、自動車は二酸化炭素(にさんかたんそ)というガスもたくさん出すのですが、このガスがどんどんたまっていくと、熱(ねつ)がたまってしまって、やがて地球全体が暖かくなってしまう、地球温暖化(ちきゅうおんだんか)ということも起きてしまいます。

 だから、そうならないように、自動車の使い方を変えよう、というのがTDMなのです。
 では、どのように自動車の使い方を変えるの?というところを、これから見て行きたいと思います。

TDMをすすめるための<その1>に進む

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所

東京都長期ビジョン

九都県市あおぞらネットワーク