トップページ > 自動車公害・環境対策 > キッズページ > キッズTDM > TDMをすすめるための(その2)

TDMをすすめるための(その2)

☆自動車に乗る人は、なるべく混雑(こんざつ)しない時間に自動車に乗ってもらう。

信号機 自動車 トラック 信号機 自動車 トラック 信号機


矢印

信号機 自動車 信号機 トラック 信号機


道路が渋滞する時間は、だいたい決まっています。朝や夜は自動車で通勤(つうきん)する人が多いから、少し早めに通勤してもらったり、会社のほうで勤務時間(きんむじかん)をずらしてもらうよう呼びかけたりします。また、朝夕はトラックで商品(しょうひん)などを配達(はいたつ)する人も多いから、お昼時(おひるどき)にずらしてもらうよう呼びかけます。
それから、会社のほうで「この時間に配達してほしい」ということが多くなると、いつも同じ時間に道路が渋滞してしまいます。それに、日本には、昔から、5と0で終わる日にちに商取引(しょうとりひき)をたくさん行うという習慣があって、この日にいつも道路が渋滞しやすいので、これも変えてもらうよう呼びかけます。

こうすれば、自動車の数は減らないけれども、渋滞は少なくなると考えています。

TDMをすすめるための<その1>に戻る TDMをすすめるための<その3>に進む

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所

東京都長期ビジョン

九都県市あおぞらネットワーク