このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

自転車シェアリング

ページ番号:108-392-813

更新日:2018年9月1日

自転車シェアリングとは

一定の地域内に複数配置されたサイクルポートにおいて自由に貸出・返却できる貸し自転車で、借りたサイクルポートとは異なるサイクルポートに返却することができます。都は、自転車シェアリング(コミュニティサイクル)事業を実施する区とともに、区境を越えて自転車の相互利用ができる「広域相互利用」に取り組んでいます。
※サイクルポート:歩道上等に設置された自転車の貸出・返却を行う無人の駐輪施設

image2


自転車シェアリングの安全で快適な利用案内」について

自転車シェアリングを安全に利用していただくために、「自転車シェアリングの安全で快適な利用案内」を作成しました。
詳細はこちらをご覧ください。

リーフレット表紙

自転車シェアリング「広域相互利用」について

平成28年2月から、千代田区・中央区・港区・江東区の4区で区境を越えて相互乗入ができる「広域相互利用」を実施してきましたが、現在、新宿区・文京区・品川区・大田区・渋谷区が加わり、利用できるエリアが9区に拡大しました。9つの区内、合わせて400か所以上のサイクルポートのどこでも自転車の貸出・返却ができます。

利用方法は、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。自転車シェアリング広域実験(外部サイト)のWEBサイトをご覧ください。
(お問い合わせ)自転車シェアリング運営事務局 電話0120-116-819

自転車シェアリング広域相互利用 利用者アンケート

自転車シェアリング「広域相互利用」について、利用目的や満足度等についてのWebアンケート調査を実施しました。(平成28年12月、回答者4,319人)

 【アンケート結果(PDFデータ)】
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。自転車シェアリング「広域相互利用」利用者アンケート結果(PDF:396KB)

自転車シェアリング「広域相互利用」の参加自治体

都は、各区の自転車シェアリング(コミュニティサイクル)事業の取組を支援しています。
東京都区市町村との連携による地域環境力活性化事業

その他の自転車活用事例

自転車安全利用五則

自転車を利用するときは、ルール・マナーを守って安全に利用しましょう。

1 自転車は、車道が原則、歩道は例外
2 車道は左側を通行
3 歩道は歩行者優先で、自転車は車道寄りを徐行
4 安全ルールを守る

  • 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
  • 夜間はライトを点灯
  • 交差点での信号順守と一時停止・安全確認

5 安全のためにヘルメットを着用しましょう

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は環境改善部 自動車環境課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。