このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ

  1. トップページ
  2. 自動車環境
  3. 自動車の温暖化対策
  4. アイドリング・ストップについて
本文ここから

アイドリング・ストップについて

ページ番号:595-857-716

更新日:2018年4月25日

アイドリングストップ リーフレット
アイドリング・ストップ

東京都では大気汚染、騒音、悪臭を防止するために、環境確保条例で地球温暖化にもつながるアイドリング・ストップを義務付けています。

義務の対象者と内容

〈運転者〉

自動車等を駐車、または停車する時は、エンジンを停止する(アイドリング・ストップ)義務があります。
原動機付き自転車も対象です。

条例上、アイドリング・ストップ義務の対象から除外される場合

1.信号待ちなどの、道路交通法の規定により停止する場合
2.交通の混雑などにより停止する場合
3.人の乗降のために停止する場合
4.冷凍車、医療用車、清掃車などの動力としてエンジンを使用する場合
5.緊急自動車が用務のために使用している場合
など

〈事業者〉

管理する自動車等の運転者に、アイドリング・ストップを遵守させるため、適切な措置を行う義務があります。
(研修、朝礼での確認、アイドリング・ストップロープの着用など)

〈20台以上の駐車場の設置者及び管理者〉

駐車場の利用者に対して看板の掲示などにより、アイドリング・ストップを周知する義務があります。

掲示する内容には次の二つの事項を入れてください。
・条例で義務付けられていること
・アイドリング・ストップの実行

規制への対応

条例に違反した場合は、必要な措置をとることを勧告します。
勧告に従わないときには、違反者の氏名などを公表します。

お問い合わせ

電話でお問い合わせされる場合(受付時間 開庁日の9時から17時まで)

東京都環境局自動車環境課 電話:03-5388-3528

メールアドレス S0000628@section.metro.tokyo.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は環境改善部 自動車環境課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。