トップページ > 自動車公害・環境対策 > 自動車の温暖化対策 > 東京都EV・pHV普及促進プロジェクト > 電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の特長

電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド自動車(PHV)の特長

 

電気自動車(EV)の特長

電気自動車(EV)は、エンジンの代わりにモーターと制御装置(インバーター等)を搭載し、ガソリンの代わりにバッテリーに蓄えた電気を使って走る自動車です。

ここが自慢

排出ガスはゼロ

走行中は大気汚染の原因となる二酸化炭素(CO2)や大気汚染物質(NOx)等の有害な排出ガスを全く出しません。

課題

電池の開発

電気をエネルギーとする電気自動車にとっては、低価格化も重要ですが、さらに電池の長寿命化も大事な課題となります。

プラグインハイブリッド自動車(PHV)の特長

プラグインハイブリッド自動車(PHV)は、家庭用電源での充電を可能とするタイプのハイブリッド自動車です。基本走行時は電気を動力として燃費を向上させ、長距離走行時は、補助用動力としてエンジン/ガソリンを使用します。

ここが自慢

燃料代が安い

電気自動車としても使用できるため、ハイブリッド自動車に比べてランニングコストを低減できます。更に、電池不足を気にすることなく、ガソリンン自動車と同等の走行距離が可能です。

課題

車両重量、車両価格の軽減

ハイブリッド自動車に比べ大容量の電池を必要とするため、車両重量やコストも増し、人員・荷物搭載のためのスペースも減少すると言われています。

次世代自動車のすすめ

EVがぴったりの営業マンのAさん

都内の限られた地域を自社の営業車でまわっている。一日の走行距離は50km以内でほぼ一定。昨今のガソリンの高騰をうけ、エコカーへの交換を社内で検討している。

→毎日の充電を行えば、十分に使用可能なケースです。 ランニングコストの低減にもなりますし、EVに乗ってお客さんを訪問すると珍しがられて商談がはずむかもしれません。

PHVがぴったりのBさんのご家庭

クルマの利用は、子供の送り迎えや近所へのお買い物が中心。休日は遠方へのレジャーや帰郷などにも使用している。

→普段は電気自動車として使用し、遠方への移動はガソリン自動車として使用すれば、航続距離の心配もなく、とても低燃費です。家庭用電源なので、旅先での充電もとても簡単です。

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所

東京都長期ビジョン

九都県市あおぞらネットワーク