トップページ > 水環境の保全 > 地下水対策 > 東京の地下水質調査結果

東京の地下水質調査結果

水質測定計画に基づき実施した地下水質の測定結果です。
調査結果には、東京都、国土交通省、八王子市及び町田市が実施した結果が含まれています(国土交通省は平成21年度まで)。

なお、ダイオキシン類の測定結果については、 東京都環境中のダイオキシン類調査結果 を参照してください。

樋口一葉の井戸(文京区) まいまいずの井戸(羽村市)

調査の種類

  1. 概況調査
    都内全域の地下水の水質の概況を把握するため、島しょを除く都内を260ブロックに区画し、1ブロックで1地点、4カ年で全ブロックを一巡するよう調査を実施しています。なお、平成22年度から、一部の区における区画を見直しました。
    測定ブロック図(H22~
    旧測定ブロック図(~H13及びH14~H21
    (平成13年度までは2kmメッシュの区画、平成14年度以降は区市町村を単位とした区画)
  2. 汚染井戸周辺地区調査
    概況調査等の結果新たに汚染が判明した地域について、汚染範囲を確認するために汚染が判明した井戸及び周辺井戸の調査を実施しています。
  3. 継続監視調査(平成20年度までは「定期モニタリング調査」の名称で実施)
    過去に概況調査等で地下水汚染が確認された地域において、汚染状況を継続的に監視するために調査を実施しています。

調査結果

このページには、平成19年度以降の調査結果を掲載しています。
平成18年度以前の結果は、 過去の東京の地下水質調査結果 をご覧ください。

(注1) 当該年度の全調査結果が、1つのEXCEL形式のファイルに含まれています。
(注2) 測定結果について、以下の訂正を行いました。
・ 平成14~20年度定期モニング調査において、一部地点の測定ブロック名称を訂正(H22.7)
・ 平成21年度概況調査において、一部地点の測定ブロック名称を訂正(H23.2)

環境基準値超過地点数の多い項目について

テトラクロロエチレン

主な用途は、代替フロン原料、ドライクリーニング溶剤、金属製品等の脱脂洗浄です。

硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素

乳児の「メトヘモグロビン血症」(血液の酸素運搬能力が失われ酸欠になる疾病)防止の観点から環境基準が定められています。健康な大人(胃酸が正常に分泌されている大人)は、「メトヘモグロビン血症」になりにくいとされています。
主な汚染原因は、(1)窒素肥料の過剰使用、(2)家畜排泄物の不適正処理、(3)生活排水の地下浸透、(4)工場排水の地下浸透です。
動物の死骸、枯れた植物、動物の排泄物等が土壌中の微生物により分解・酸化されると、硝酸性窒素や亜硝酸性窒素が生成されるため、人為的な影響の無い場所にも存在します。

トリクロロエチレン

主な用途は、代替フロン原料、機械部品や電子部品等の脱脂洗浄です。

砒素

主な用途は、合金の添加剤、半導体原料です。過去には農薬としても使用されていました。
砒素は自然界に存在する元素であり、土壌中に砒素が多く含まれている場所もあります。

1,2-ジクロロエチレン

シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレンの合計値です。いずれの物質も、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン等の分解生成物です。工業的に使用されることはほとんどありません。

【参考】 環境省のホームページに、343種類の化学物質についての情報(用途、健康影響等)が掲載されています。上記5項目のうち、硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素を除く項目についても、情報が掲載されています。
化学物質ファクトシート2011年版(環境省)

よくある質問

[Q] 調査結果の住所を教えてください。

[A] 申し訳ありませんが、教えることはできません。
本調査は、井戸所有者の協力を得て実施しています。本調査を実施する際には、井戸所有者に対して「所有者が特定できないような形で調査結果を公表すること」を約束しています。このため、ホームページで公表している以上の情報を提供することはできません。

問い合わせ先

東京都環境局 環境改善部 化学物質対策課
【電話】 03-5388-3580

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所

九都県市首脳会議環境問題対策委員会

東京都長期ビジョン