トップページ > 水環境の保全 > 温泉の開発・維持管理と災害防止 > 温泉に関する申請・報告について > 温泉法に基づく報告(温泉源の維持管理に関する報告)

温泉法に基づく報告

更新日:平成29年2月28日

東京都環境局では、温泉法第34条に基づき、年1回温泉採取事業者に依頼文を送付し、報告を求めています。

温泉採取状況報告書(送付の様式で報告)

  (1) 温泉採取施設の状況に関する調査 ― 水位、量、泉質、ガス等の変化

  (2) 温泉揚湯量等報告書 ― 揚湯量、静水位、動水位、泉温のモニタリング結果

  (3) 可燃性天然ガス濃度報告書

    ― 採取許可事業者、濃度確認事業者の可燃性天然ガス測定結果

【報告書の様式例(平成28年実績報告)】

報告様式(鑑)

別紙1(状況調査)

別紙2~3(記入様式)

【こんなときは、報告が必要です】

「こんなときは、報告が必要です」

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所

九都県市首脳会議環境問題対策委員会

東京都長期ビジョン