このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ

  1. トップページ
  2. 水環境の保全
  3. 水質汚濁対策
  4. ゴルフ場農薬対策
  5. 東京都ゴルフ場農薬の安全使用に関する実施要領
本文ここから

東京都ゴルフ場農薬の安全使用に関する実施要領

ページ番号:936-245-521

更新日:2018年4月12日

平成2年11月28日  2環水規第269号

改正   平成5年11月30日  5環水規第273号

 改正 平成22年1月22日  21環水規第512号

改正 平成30年3月13日 29環自水第594号

1   この実施要領は、「東京都ゴルフ場農薬の安全使用に関する指導要綱」(以下「指導要綱」という)の施行に関して、必要な事項を定めるものである。

2   この実施要領で使用する用語は、指導要綱で使用する用語の例による。

3   指導要綱第2条第2項に規定する「ゴルフ場」のうち、他の県にまたがって設置されているものについては、当該県との協議のうえ、指導等の分担を決定し、本要綱の規定を適用または除外することができる。

4   指導要綱第13条第2項に規定する水質調査は次のとおりととする。

(1) 採水地点 採水地点は、ゴルフ場の排水口のうち、集水面積等からみて主たる排水口とし、排水口で採水できない場合は調整池等とする。

(2) 調査項目 「主たる使用農薬」とは、殺菌剤、殺虫剤、除草剤ごとに、それぞれ年間使用成分量の多い上位5農薬の成分とする。ただし、農薬成分の年間使用量が10kg未満を除く。

(3) 分析方法 排出水の分析方法は、環境省が指導指針に定めた方法を基本とする。

5    指導要綱第13条第3項に規定する水質調査は次のとおりとする。

(1) 採水地点

ア 飲用に供する地下水については、井戸ごとの給水栓とする。

イ その他の地下水については散水栓等とする。

(2) 調査項目

ア 飲用に供する地下水については、殺菌剤、殺虫剤、除草剤ごとに、それぞれ年間使用成分量の多い上位5農薬の成分及び 当該ゴルフ場で 使用している農薬の成分のうち厚生労働省が定めた農薬類(水質管理目標設定項目)の対象農薬リストに定められている農薬とする。

イ その他の地下水については、4の(2)に定める調査項目と 同じとする。

(3) 分析方法

飲用に供する地下水の分析方法は、厚生労働省が定めた水質管理目標設定項目の検査方法を基本とする。

6   水質調査に係る分析機関

(1) 指導要綱第13条第2項に規定する水質調査

公的機関又は計量法(昭和26年法律第207号)第123条により規定する計量証明事業登録機関(濃度に係る計量証明事業)により実施すること。

(2) 指導要綱第13条第3項に規定する水質調査

ア 飲用に供する地下水の水質検査については、水道法(昭和32年6月法律第177号)第20条第3項に規定する地方公共団体の機関又は厚生労働大臣の登録を受けた検査機関により実施すること。

イその他の地下水については、6の(1)に定めるところにより実施すること。

7   指導要綱における報告書等の届出先は、東京都環境局自然環境部水環境課とする。

8   指導要綱第25条に規定する「ゴルフ場以外の類似施設」は、次の各号に該当する施設とする。

(1) 当該施設の立地状況、排出水の放流先河川の利水状況から、知事が定める施設

(2) その他知事が必要と認める施設

9   指導要綱第25条に規定する「ゴルフ場以外の類似施設」に係る要綱の準用規定は、「要綱」第13条第2項及び第3項に規定する水質調査を除くほかはこの「要綱」の規定を準用する。

10   指導要綱に定める事項の審査、指導、助言等の担当部局はダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。別紙(PDF:67KB)のとおりとする。組織変更による担当部局の変更は随時、別紙を訂正する。

指導要綱へ 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は自然環境部 水環境課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。