活動範囲

都レンジャーは、 多摩地域 小笠原地域 で活動しています。

多摩地域

東京都には、陸域の自然公園が8箇所 (国立:1 国定:1 都立:6)あります。
多摩地域に配置されるレンジャーの活動範囲は、これらの自然公園を中心とした地域です。

東京都の陸域における自然公園位置図

雲取山の写真
(東京都最高峰 雲取山)
【自然の特徴】
秩父多摩甲斐国立公園をはじめ明治の森高尾国定公園の他、6箇所の都立自然公園が指定されています。
秩父多摩甲斐国立公園は1,000m台の山塊が連なり、最高所の雲取山は2,017m。全体的になだらかな山容で、スギ・ヒノキを中心とする人工林の他、ブナ等の広葉樹に代表される天然林によって山腹が覆われています。ツキノワグマやニホンカモシカ等の大型哺乳類も生息しています。
高尾山は古くから山岳信仰の対象とされ、社寺林として保護されてきた美しい天然林が残っています。国有林も多く、スギやヒノキ、サワラ等針葉樹の植林が域内で最も大きい面積を占めています。動物の種類も多く、ムササビや多くの野鳥が観察できます。

【課題】

高尾周辺は都心からの交通の便が良く、多くの観光客が訪れます。奥多摩も休日は多くのハイカーが訪れ、集団登山も頻繁に行われており、過剰利用による植生破壊やマウンテンバイクの登山道走行など自然保護意識の低い利用者によって自然破壊が進行しています。売買目的から悪意のないものまで、幅広く希少植物の盗掘が横行しています。またニホンジカやニホンザル等の野生動物による農作物・植林地への被害が拡大しています。シカが草や小さな木々までエサとすることにより、一部では土砂崩れを起こすほど斜面が崩壊している箇所もあります。

◆高尾の登山道
高尾山頂に続く稲荷山コース内には、写真のように裸地化により樹根があらわになっている箇所があります。オーバーユースにより登山道がひろがってしまった結果です。 以前は樹根上も通れるようになっていました。平成15年度に新たに木柵を設置し、現在は柵の右側が登山道になっています。
高尾山の他のコースや、奥多摩の人気のある山でも、同じように登山道が広がって裸地化が発生している場所があります。
稲荷山コースの写真

<< 都レンジャーニュース 発行中です!>>

小笠原地域

南島扇池の写真
(小笠原諸島南島扇池)
【自然の特徴】
東京から南へ1,000km。平均気温は約23度で亜熱帯に属し、気温の年格差が少なく霜や雪は全く見られません。一度も大陸と陸続きになったことのない海洋島であることから、小笠原固有の動植物も多く、「東洋のガラパゴス」の異名を持っています。30余りの島々から成り立ち、有人島は父島と母島の2島で、大部分が小笠原国立公園区域内に含まれ、最も規制の強い特別保護地区に指定されている箇所も多くあります。
父島の南西に浮かぶ南島には、日本唯一の沈水カルスト地形が見られ、ドリーネと呼ばれる窪地やラピエという鋭く尖った岩があります。冬から春にかけてはイルカやクジラが沿岸に近い位置まで回遊し、春から夏にかけてはアオウミガメが産卵のために浜に上陸します。
また、平成23年には世界自然遺産に登録されました。

【課題】
絶滅危惧種・天然記念物に指定された固有の動植物も多いのですが、盗掘や移入種の持ち込み等で生態系が乱されており、野生化したヤギによる裸地化・土壌の流出なども見られます。世界自然遺産である貴重な自然の保護について、一層の対策が必要です。

◆グリーンアノール
1960年代に父島、1980年代母島に人為により持ち込まれました。土着のオガサワラトカゲよりも行動範囲が広く、現在では父島と母島のほぼ全域に分布します。セミやトンボ類等の昆虫を補食するため、小笠原固有の昆虫への被害が拡大しています。
グリーンアノールの写真
◆シチヘンゲ(ランタナ)
明治12年にハワイから導入。林床、林縁に群生しています。小笠原では、侵略的な悪影響は明らかにされていないが、ハワイでは固有種を圧迫するなど影響が顕著です。比較的湿潤地に多く分布しているが、土地を選ばず拡大しています。
シチヘンゲの写真

かわいいトカゲや綺麗な花も、小笠原に昔からいたわけではありません。このような移入種は小笠原にはたくさん存在し、在来の貴重な動植物に対する影響が拡大しています。

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

花と緑の東京募金

ECO-TOPプログラム