2 七国山緑地保全地域

指定データ

指定年月日 昭和50年12月26日指定
位置 町田市のほぼ中心に位置し、山崎町及び野津田地区にまたがる区域
面積 101,395平方メートル

自然の概要

昔、この山頂から7つの国が見えたので七国山と呼ばれる、なだらかな起伏の続く丘陵地の中でも一段と小高い地域である。数条の尾根と谷戸が入り組んで、変化に富んだ地形をなし、区域内の西部には鎌倉古道の遺構が南北に縦貫している。ほぼ全域にコナラ-クヌギ林が分布し、中央部及び周辺部の緩斜面の一部に耕作畑、果樹園、竹林等が散在する変化の多い植生である。

nana_01.jpg (31316 バイト)

保全の方針

雑木林は現況のまま保全することを基本とするが、鎌倉古道の周辺は自然の遷移にまかせる。

指定時の植生

番号 植生名 現況
19 コナラ-クヌギ群集 コナラ及びクヌギを主体とした雑木林である。
亜高木層はコナラ、クヌギ、エゴノキが90%を占め、低木層はハリギリ、ヤマツツジ、ガマズミ、ヒサカキ、シラカシなどが見られる。
25 アカマツ植林 密植のため通風、採光が悪く、林冠以外の下枝はほとんど枯れている。
26 スギ・ヒノキ植林 40年から60年の成林地。
28 モウソウチク・マダケ林 モウソウチクが優占する竹林。周囲の林への侵入が目立つ。
30 ススキ-アズマネザサ群集 古い耕作放棄畑で、アズマネザサが密生しているため他の種の混入は少ない林分と、ヤマハンノキが混入している林分がある。
34 マント群落 コナラ-クヌギ林の林縁にあり、急傾斜地。クズが主体となっている。
35 耕作畑雑草群落 耕作中の畑。
36 耕作放棄畑雑草群落 耕作が放棄され、草地となっている区域。
38 落葉果樹園 クリの果樹園。
62 伐採地植物群落 コナラ、クヌギの雑木林を皆伐した後、萌芽更新が始まっている地域。
67 緑の多い住宅地 多数の庭木植栽がある区域。
A シラカシ林 樹高2m程度の幼樹が多く、他の低木とともにかなり密な低木層を形成している。
B ハチク・タラノキ林 亜高木のハチクがほとんどを占め、タラノキが混在する林。
C 不成林 Bに接する法面で、スギの幼樹を植林したが、管理放棄のため下部にはハチクが侵入し、上部には多種の常緑低木が混在している。
D ヒサカキ・アカマツ植栽 アカマツが点在する中に亜高木のヒサカキが植栽されている。

その他

七国山自然を考える会が保全活動を行っている。
活動内容:草刈、中低木の伐採、自然観察会など

東京グリーンシップ・アクション
企業・NPO等と行政が連携して、保全地域で自然環境保全活動を行っています。

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

花と緑の東京募金

ECO-TOPプログラム