4 東豊田緑地保全地域

指定データ

指定年月日 昭和50年12月26日指定
位置 日野市のほぼ中心部、日野台地の東南端に位置し、東豊田三丁目、
多摩平二丁目及び多摩平七丁目にまたがる区域
面積 60,079平方メートル

自然の概要

日野市のほぼ中心部、日野台地の東南端にある段丘崖の樹林地である。ほぼ全域がコナラ、クヌギの雑木林に覆われ、一部にニセアカシアが繁茂している。崖の下部には湧水があり、オランダガラシなど水生の植物も生育している。

04hit_ph.jpg (34855 バイト)

保全の方針

樹林地をほぼ現状のまま保全し、段丘下の湧水地を保全するとともに、市の公園整備と相まって、明るい雑木林を中心とした水と緑に親しめる身近な自然空間とする。

指定時の植生

番号 植生名 現況
19 コナラ-クヌギ群集 この段丘崖の代表的な林相。一部を除き下刈り等の管理はおこなわれていないが、周囲は市街地に囲まれ、区域の約半分は市の公園であるため、人の入り込みがかなり行われている。高木として一部にケヤキ、コナラがあるほか、亜高木のコナラ、エゴノキ、イヌシデ、クリなどが80%前後を占め、低木も同じ樹種である。
林床はアズマネザサ、ジャノヒゲ、ノガリヤスなどが多い。
23 ニセアカシア群落 崖上の公園地植栽から侵入したらしいニセアカシアの亜高木が優占する。
30 ススキ-アズマネザサ群集 鉄道堤に接する斜面で、木本はほとんどなく、アズマネザサが密生する。
38 落葉果樹園 スモモ等を栽培する果樹園。
43 踏跡群落 斜面下部で、ヨモギ、ススキなどが若干見られる。
62 伐採地植物群落 クヌギ-コナラ林の伐採跡地。
66 樹群を持った公園 ニセアカシア植栽の多い公園地。
A 湧水地 斜面下部からの湧水により、小規模の湿地となった地域。オランダガラシなどの水辺植生もあり、一部ではホタルの養殖も行われている。

その他

東豊田緑湧会が保全活動を行っています。
活動内容:草刈、湧水地管理、植生調査など

  

東京グリーンシップ・アクション
企業・NPO等と行政が連携して、保全地域で自然環境保全活動を行っています。

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

花と緑の東京募金

ECO-TOPプログラム