18 宇津木緑地保全地域

指定データ

指定年月日 平成4年2月11日指定、平成9年3月18日区域変更
位置 八王子市北部に位置する宇津木町の地区
面積 52,402.64平方メートル

自然の概要

多摩川の右岸で加住丘陵の先端に位置し、多摩川鳥獣保護区域内にある。区域のほぼ半分はコナラ、クヌギの雑木林が分布し、そのほか、スギ、ヒノキの植林、モウソウチク林、アズマネザサやススキの草地、果樹園、畑などが散在する変化に富んだ植生である。

保全の方針

雑木林と畑等が混在する里山景観を保全する。

指定時の植生

番号 植生名 現況
4 シラカシーコナラ群落 区域の西側に分布する小規模な植生で、高さ13m前後のシラカシが優占し、コナラ、ケヤキが混じる樹林である。
6 ケヤキーシラカシ屋敷林 屋敷林として利用されていた樹林で、植栽起源のケヤキやシラカシが高木層を占めるほか、隣接した林分からモウソウチク等が侵入し、生育している。
19 コナラ-クヌギ群集 区域のほぼ半分を占めるコナラを主体とする樹林である。
コナラが優占するほか、アカシデ、クヌギ、ヤマハンノキ、ウワミズザクラ等が見られ、多種の低木、草木が繁茂している。
23 ニセアカシアーコナラ群落 区域の西北端にごく小規模見られる。
ニセアカシアが優占し、これにコナラが混じる樹林である。
26 スギ・ヒノキ植林 区域の中央部及び東側に見られる。
中央部はスギが優占し、これにヒノキが混じる樹林である。東側は敷地境界として列植されたものである。
28 モウソウチク林 区域の西側斜面下部と西北端に見られる。
一部にスギが混じるほか、ヤブラン、シラカシ、イヌツゲ、アオキ、シュロ等が見られるものの、わずかな植被に抑えられている。
30 ススキーアズマネザサ
群落
区域西側の果樹園の耕作放棄畑と区域東部に2か所見られる。ほとんどアズマネザサが優占しているが、一部ススキが優占する区域もある。
35 耕作畑雑草群落 現在耕作中の畑である。
38 落葉果樹園 区域の東側と西側にまとまって分布し、クリ畑やウメ畑として経営管理されている。

その他

FoE Japanが保全活動を行っている。
活動内容:萌芽更新地の管理、竹伐採、植栽など

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

花と緑の東京募金

ECO-TOPプログラム