19 清瀬御殿山緑地保全地域

指定データ

指定年月日 平成4年3月24日指定成
位置 清瀬市東部に位置する下清戸二丁目、中清戸四丁目の地区
面積 15,162平方メートル

自然の概要

清瀬市の東部に位置し、市の中央部を横断する通称「けやき通り」に面している。農地の中にあり、武蔵野の面影を残す平坦な林である。一部にアカマツが混じるほか、ほぼ全域がコナラやクヌギの雑木林におおわれている。

保全の方針

全域を明るい雑木林として保全する。

指定時の植生

番号 植生名 現況
19 コナラ-クヌギ群集 区域のほぼ全域を占める、クヌギを主体とした雑木林である。
高木層は、高さ12~13mでクヌギが優占し、コナラ、ヤマハンノキ等が見られる。
亜高木層は、高さ8~9mほどでエゴノキ、シラカシ、ケヤキなどが混じるが、顕著ではない。
低木層は高さ3m、エゴノキ、ヒサカキ、シラカシ、コブシ、ゴンズイ等が見られる。
草本層はガマズミ、カマツカ、イヌザクラ、ヒイラギ、コマユミ等が見られるが、種類は多くない。
20 コナラ-クヌギ群集
アカマツファーシス
区域の北西部にごく小規模に見られる。
高木層は、高さ約13mでアカマツが優占し、これにクヌギ、コナラ、ケヤキ、ヒノキが混じる。
亜高木層は高さ9mほどでケヤキ、エゴノキが見られる。
低木層は高さ3m、コブシ、ニワトコ、コバノガマズミ等が見られる。
草本層はアズマネザサが優占する。
35 耕作畑雑草群落 現在耕作中の畑である。

その他

清瀬の自然を守る会が保全活動を行っている。
活動内容:植生調査、草刈、中低木の伐採など
また、西武池袋線清瀬駅を起点とし、この地域のほか清瀬中里緑地保全地域などを巡る「雑木林のみち 清瀬中里コース」が整備されている。

東京グリーンシップ・アクション
企業・NPO等と行政が連携して、保全地域で自然環境保全活動を行っています 。

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

花と緑の東京募金

ECO-TOPプログラム