トップページ > 自動車公害・環境対策 > 計画・白書等 > 東京都自動車排出窒素酸化物及び自動車排出粒子状物質総量削減計画

東京都自動車排出窒素酸化物及び自動車排出粒子状物質総量削減計画を策定しました

平成25年7月
環境局


東京都は、自動車に起因する都内の大気環境改善を図るため「自動車から排出される窒素酸化物及び粒子状物質の特定地域における総量の削減等に関する特別措置法」に基づき、平成16年3月に前総量削減計画を策定し、自動車から排出される窒素酸化物と粒子状物質の削減を推進してきました。
これまでさまざまな関係者と連携し、ディーゼル車規制等の施策により大気改善に取り組んできた結果、都内の大気環境は着実に改善し、平成23年度、二酸化窒素及び浮遊粒子状物質に係る環境基準は、住宅地域等に設置している一般環境大気測定局(一般局)では全ての測定局で達成し、道路沿道に設置している自動車排出ガス測定局(自排局)においても着実に改善が進んでいます。

1 監視測定局における境基準の達成状況

(1) 二酸化窒素

二酸化窒素 一般局.png
二酸化窒素 自排局.png

(2) 浮遊粒子状物質

SPM 一般局.png SPM 自排局.png

このたび、平成23年3月、同法に基づき国が策定する総量削減基本方針が変更されたことに伴い、東京都自動車排出窒素酸化物及び自動車排出粒子状物質総量削減計画を改定しました。

2 改定の概要
(1) 計画の目標
◇平成32年度までに対策地域において二酸化窒素及び浮遊粒子状物質の大気環境基準を確保することを目標とする。
◇平成27年度までに監視測定局において二酸化窒素及び浮遊粒子状物質の大気環境基準を達成することを中間目標とする。
本計画目標を達成するため必要な対策地域内から発生する窒素酸化物量及び粒子状物質排出量を下表に掲げる量に削減する。
・窒素酸化物にかかる総量削減目標  (単位:t/年)
発生源平成22年
度実績
平成27年度
中間目標
平成32年度
目標年度
全体 49,700※1 37,000 32,200※3
自動車排出ガス 24,500※2 12,700 9,900※4
※1:対策地域において大気中に排出される窒素酸化物の総量
※2:対策地域において大気中に排出される自動車排出窒素酸化物の総量(暖気時及び冷気時における排出量の合算)
※3:自動車対策、工場・事業場等の対策による目標量
※4:自動車対策による目標量
・粒子状物質に係る総量削減目標 (単位:t/年)
発生源 平成22年度
実績
平成27年度
中間目標
平成32年度
目標年度
全体(一次粒子) 3,360※1 3,090 2,680※3
自動車排出ガス 710※2 630 580※4
二次生成粒子を含む粒子状物質全排出量※5 8,790 7,810 6,480
※1:対策地域において大気中に排出される粒子状物質の総量
※2:対策地域において大気中に排出される自動車排出粒子状物質の総量(暖気時及び冷気時排出量並びにブレーキ・タイヤ磨耗の合算)
※3:自動車対策、工場・事業場等の対策による目標量
※4:自動車対策による目標量
※5:「二次生成粒子を含む粒子状物質全排出量」は二次生成に寄与する各汚染物質{硫黄酸化物(SOⅹ)、窒素酸化物(NOⅹ)、炭化水素(HC)、塩化水素(HCl)}の各総量に基づき算出したものである。
(2) 計画の期間
本計画の期間は平成33年3月31日までとする。

国の基本方針(環境省のウェブサイトへ)

≪総量削減計画≫

≪東京都自動車排出窒素酸化物及び粒子状物質総量削減計画策定協議会≫

東京都自動車排出窒素酸化物及び粒子状物質総量削減計画策定協議会条例

<問い合わせ先>
環境改善部自動車環境課 電話03−5388−3462

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都環境科学研究所

東京都長期ビジョン

九都県市あおぞらネットワーク