トップページ > 気候変動対策 > 大規模事業所における対策

大規模事業所における対策

総量削減義務と排出量取引制度
(キャップ&トレード制度)

この制度は、大規模事業所(前年度の燃料、熱、電気の使用量が、 原油換算で年間1,500 kL以上の事業所)にCO2排出量の削減義務を課すものであり、オフィスビル等をも対象とする世界初の都市型キャップ・アンド・トレード制度です。

※ホームページ改修(平成27年6月22日)以前に、これより下の階層のページをお気に入り登録していた場合、最新の情報が正しく表示されないことがあります。お手数ですが、お気に入りの再登録をお願いいたします。

(アドレスに /cap_and_trade/ の文字列が含まれているのは、古いページです)

新着情報

2016年5月16日
新たに環境配慮型データセンターを2件、認定・公表しました。
2016年4月1日
新たに環境配慮型データセンターを1件、認定・公表しました。
2016年3月29日
第二計画期間初となる「トップレベル事業所等」に34件を認定しました。
2015年6月22日
ホームページをリニューアルしました!
一部、アドレスが変わっているページがありますのでご注意ください。

各リンクのご案内

◆環境配慮型データセンター認定制度

g環境配慮型DC.jpg

要綱、認定基準、提出書類等

お問合せ

東京都環境局 地球環境エネルギー部 総量削減課
「総量削減義務と排出量取引制度」相談窓口
〒163-8001 新宿区西新宿二丁目8番1号 都庁第二本庁舎16階北側
電話 03−5388−3438 FAX 03−5388−1380

⇒対象となる事業所の窓口相談(トップレベル事業所関係を除く)の申込みはこちら≫

⇒対象となる事業所のトップレベル事業所に関する窓口相談の申込みはこちら≫

メールマガジンはこちら

お問い合せ東京都環境局個人情報保護基本方針サイトポリシーリンク集

東京都|東京都のホームページへ

東京都の地球温暖化対策

地球温暖化防止キャンペーン

クール・ネット東京