このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ

本文ここから

葛西水再生センターにおいて燃料電池バス対応水素ステーションの整備及び運営を行う事業者を決定しました

ページ番号:122-280-182

更新日:2018年10月3日

 環境局では、燃料電池バスについて2020 年までに都内で 100 台以上の普及を目指しており、都有地としては初めて、下水道局が所管する葛西水再生センターの敷地の一部を活用して、それらのバスに水素を供給するステーションの整備及び運営を行う事業者を募集しておりましたが、このたび、事業者が決定しました。

実施事業者

 岩谷産業株式会社
 所在地:大阪府大阪市中央区本町三丁目6番4号
 代表者:代表取締役社長 谷本 光博

事業内容

 燃料電池バス対応水素ステーションの整備及び運営

事業実施場所 

 東京都江戸川区臨海町一丁目1番1の一部

面積

 1,714.5平方メートル

開所時期

 2020年1月予定

公募要項等

 ・ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。公募要項(PDF:926KB)
 ・ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。実施要綱(PDF:168KB)

 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は水素エネルギー推進担当です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。