このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

放射線の広域的影響

ページ番号:302-304-722

更新日:2018年2月9日

文部科学省は、広域の放射性物質による影響の把握のため、航空機モニタリングを実施しています。

これによると、首都圏においては一部地域を除いて、比較的低い放射線量であり、ほとんどの地域が毎時0.2マイクロシーベルト以下を示しています。

航空機モニタリングの測定結果
図 航空機モニタリングの測定結果


お問い合わせ

このページの担当は環境改善部 計画課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。